俺流×侍道

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

【改】ピスメ 57話

平助(泣)

即席で描いたので、
絵が少々荒くてすみません…
なんか、
描かないと気がすまなかったというか・・・

やっぱ、
ダメですね
わかってたはずなのに、泪が止まりません

一番辛くて、苦しいのは平助のはずなのに、
ぱっつぁんと左乃を笑わそうとする平助が切なくて、切なくて・・・(大号泣)
トリオが、
他愛も無い会話とかホント、泣けます
力無い平助の動きも・・・
笑顔を見るだけで泪が溢れてくる

ワタクシ事ですが、
大切な人を亡くした後だと、
「死」というものに敏感になってしまって
『バガボンド』32巻で大殿様が亡くなった時も大号泣したな
しかも、
武蔵に向かって「笑え。もっと笑え」って(泣)

話がそれましたが、
『ピスメ』の平助で新選組や幕末、
和、京都に興味を持ったといっても過言ではありません
いろんなきっかけを与えてくれた『ピスメ』平助なので、
人一番想入れがあります
所詮漫画、
と言ってしまえばそれまでですが、
やっぱりワタクシは藤堂平助が1番です

ひとまず
57話がワタクシの中での最終回ですかね
お疲れ様、平助―。



今書きながら聞いている曲リスト
加藤和樹
 星へ
 去りゆく君へ
 Chain Of Love
 Brilliant snow

UVERworld
 ハルジオン(2ndーMIX)
 YURA YURA
 トキノナミダ
 優しさの雫
 ai ta 心

良い曲過ぎる・・・(泣)
スポンサーサイト

テーマ:今日のイラスト - ジャンル:日記

藤堂平助・幕末 | コメント:2 | トラックバック:0 |

ピスメ 57話

更新されてたから、
会社の昼休み中にチラ見しちまったじゃねーかぁっ!
「泣くっ泣くっ!」と心で叫びながら、
高速読み飛ばし(笑)

平助ファン、トリオファンの皆様、
覚悟をしてください
勝手に妄想してた平助(又はトリオ)の過去話が無いようだなぁ(ずーん)


帰ってからちゃんと読んで、
号泣して、
落ち着いたら感想を書きます
藤堂平助・幕末 | コメント:0 |

ムム…

今会社帰りなんですが、
電車内にすごく騒がしい若者たちがいましてね…(苛々)
ワタクシの隣に座るもんだから、更に煩い………(苛々)
………おだつんじゃねーぞ、コノヤロー


はい、
方言が出たところで(笑)、
アレですね
今週は、漫画『ピスメ』の配信は無さそうっすね
嬉しいのか残念なのかわかりませんが;
来週なのかなぁ、
「零秒」の続きは…
過去話行っちゃえよー
平助をここで終わりにしないで!
藤堂平助・幕末 | コメント:0 | トラックバック:0 |

小話第二弾之4

絵描きたいよー
ピスメやアサギの平助をいっぱい描きたいが、
時間があまり無い………

では小話の続きをどうぞー


++++++++++++++

「どこではぐれたんだよ?
 おじさんが連れてってやるから」
「無理だよ、わかんないんだもん」
「!…そういやぁ、
 京都弁じゃねぇな。
 最近京都に来たのか」
「最近…じゃない、多分。
 ずっと前に来たんだ、皆で」

不思議な子供だとこの時は思ったさ

「…詳しく聞かせてくれよ。
 何かわかるかもしれねぇし」
「うん…」
「名前は?」
「わかんない」
「…出身地は?」
「ここじゃない」
「うーん、この場所に何でいるのかな?」
「………ここで死んだんだ」
「誰が?」
「…俺」


++++++++++++++

いつも帰りの電車で打ってます
携帯だと文章打ちづらい…
藤堂平助・幕末 | コメント:0 | トラックバック:0 |

そわそわ

月曜日は本当に幸せやった・・・
和樹君ありがとう!
詳しくはアメーバブログで


平助
・・・前にもこんな平助描いたな(汗)
いや~、
今週アップされるのかなぁ、漫画『ピスメ』
続きが怖いよ、ホント
ずっと勝手に「平助の過去話」になることを考えています
伊東先生が「山南さんを想う平助について」語ってたしさ、
まだ続くと思うんよねぇ
トッシーもさ、
もっと平助に興味を持って!
もっといろいろ伊東先生から聞き出して!
マジで今年の冬、
京都行ってお墓参りしてこようかしら
(来月は桜見に京都には行きますが)

テーマ:今日のイラスト - ジャンル:日記

藤堂平助・幕末 | コメント:0 | トラックバック:0 |

小話第二弾之3

会社帰りに書いてます
では続きどーぞー



++++++++++++++



「ホントに来ちまうとはな;
 …なんかやったろ?」
「ちゃんと仕事で京に来てますから。
 その仕事を少しやらねばならぬ故」
「俺は勝手に観光してるさ。
 仕事は真面目にやれよー」

斎藤は永倉に背を向け手を振った





「(この辺懐かしいなぁ。
 よく3人であそこの飲み屋に行ったっけ………。
 ………3人、か)」

2人共、とっくに逝っちまいやがって



「(………ここは)」
「わぁっ!?」
「いてっ!」
「急に出て来るなよ。
 小さいおじさん」
「(怒)………おい、坊主、
 初対面の人に対しての口の利き方ってのを、
 教えてやらんといけねぇなぁ(怒)」
「な・なんだよ!
 そんなに怒ることないだろ、
 大人じゃん!」
「(~この生意気口、誰かさんみたいでムカつく)」

―いーじゃん!タヌキ可愛いだろ!
 似てるって言って何がいけないんだよ―


「おじさん?どうしたの?」
「ん?ちょっと昔のことを思い出してたの」
「ふーん」
「なぁ、お前、
 よくこの辺で遊ぶのか?」
「まぁね」
「友達とか?」
「ずっと前にどっかではぐれたんだ」
「?」
「いつも3人一緒だったのになぁ」



++++++++++++++

不思議な少年登場
何を知っているのか
藤堂平助・幕末 | コメント:0 | トラックバック:0 |

【改】ピスメ 56話

改めてピスメ56話の感想を

・「お馬ちゃん」発言に萌え
・回を増すごとに小さくなるぱっつぁん
・左之、もう服着たら?
・平助美人
・ってか、平助喋る度に切なくなる
・平助が喋る度に涙出てくる
・しばらく「友達」は「ダチ」と言おう
・「いつかまた三人で」半端なく大号泣
・おまぇぇええぇっ(史実では三浦さん)!!
・伊東先生、なんだかんだ言って、平助のことよくご存じで
・平助の血が………


もうね、毎日読んで毎日泣いてますよ
もう少し後かと思ったら、
再開3話目にして………
次回から、
平助の(トリオ)の過去編とかに入らないかなぁ!
なぜ、
平助はあんなに山南さんのことを兄の様に慕っていたかとか
御落胤説とか
んー、
平助の過去話は、
『新選組刃義抄 アサギ』に期待したほうが良いかもねぇ


友達とかに言ったんですけど、
平助って、
ポニーより、
髷の方が若くね?
個人的な感想なんですけどね

あと、
試衛館時代の絵が出たんですけど、
沖田君子供過ぎじゃね?
平助と比べたら明らかに大人と子供なんですけど!
平助の方が若いよね!?
それか同い年だよね!?
なんでだー!



さて、
次回読むのが怖いです
もっと平助を引っ張ってください!
藤堂平助・幕末 | コメント:0 |

小話第二弾之2

まだピスメ続編の悲しみが…
頑張ります

では『明治十年』のパート2

++++++++++++++



「して、今回東京に出てきた訳は?」
「ん?
 まぁ、ちょい時間もできたし、明治になって10年経ったわけだから、
 なんか区切りいいかなぁ、とね」
「あの事件から丁度10年」
「………それもあるね」
「…私には語る資格はないですが」
「一…」

そう
あの出来事をわかっていて、
私は皆から離れたのだ

「っか~、久々に会ったっていうのに、相変わらず暗いわ」
「…すまぬ」
「ところで、
 長期休みって取れないの?」
「難しい相談です」
「俺、京都に行こうと思ってるんだけどさ。
 もし行けたら、一もどうかなぁ、て」
「生憎、仕事を抜けるわけにもいかなく」
「だよなぁ。
 わりぃな」
「しかし、
 出張という形なら不可能ではないかもしれぬ」
「そんなのできんのか?」
「上に聞いてみます。
 こうみえて仕事はできる故、首を縦に振るでしょう」
「…なんかその笑みが怖いわ」



++++++++++++++

一ちゃんは、なんかしらの手を使って京都に出張しそうです(笑)
藤堂平助・幕末 | コメント:0 |

ピスメ 56話

うわぁぁぁああぁぁっ!!

早いっ!

早すぎるよ展開っ!!

『インディゴの夜』見ながら大号泣!!


もう………

うわぁぁんっΩÅΩ;
藤堂平助・幕末 | コメント:0 |

小話第2弾之1

もしもの平助

昨日の夜、
この前掘り出したピスメ小話『明治十年』をUPしようとしたら、
ぐっすり眠ってしまい、
気づいたら朝でした(笑)

ということで、
ピスメぱっつぁんが中心予定の小話スタート





―明治十年


あの動乱がなんだったんだろうと思うくらい、
時があっという間に流れた

西洋の文化があちこちにある
ま、
便利だからいいんだけどねぇ

「・・・と、この辺だよなぁ」

この"東京"である人物と会うことになった

「・・・・・・・・・」
「すまぬ、遅れた」
「ひっ!?」
「・・・」
「は・はじめ、気配を消して近づくな!
 昔から言ってるじゃねぇか」
「こればっかりは抜けなくてな」
「お前らしいわ。
 とりあえず、その辺で茶でも飲もうや」



「わりぃな、時間作ってもらってさ」
「気にすることではない」
「警視官って忙しいんだろ?
 それに西南戦争に参加とかさ。
 ついこの間までやってたじゃねぇか」
「多少怪我はしましたが、どうにか終わりましたよ」
「いつまでたっても戦いってのは嫌だねぇ」
「いつ何があるかわかりませんから」

昔は未来を見ることができた
今は見ることは無い
新選組として生きた後、
全く見ることが出来なくなったのだ

未来が見えないことが怖いこともあった
が、
今は何が起こるかわからない毎日を少しは楽しく過ごしている



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

明治十年の9月頃まで西南戦争が続いていたみたいで。
一ちゃんがずっと参戦していたかはわかりませんが。

ぱっつぁんと一ちゃんが会っている時期は、
その西南戦争後の冬頃
油小路事件の時期ということで、
続きはまた次回

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

藤堂平助・幕末 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ちょい落ち着いた

引っ越しも終わり、
あとは段ボールからいろんなものを取り出して片付けなければ…

通勤時、
以前の家が極端に駅に近かったせいか、
10分くらい歩くのが辛いです…
運動不足を少しでも治さないとなぁ

ではお休みなさいですー
日常 | コメント:0 |

ピスメ 55話

ピスメの配信は、
週一なんすかね?

勝手にワタクシ、
月一配信かと思ってました



55話の感想を箇条書き
・ぱっつぁんが平助の腰くらいの身長!?
 やっぱ低すぎねぇ?
・「まさか」の平助の顔が好き
・感情に任せてるせいか、平助のぱっつぁんを呼ぶ名前に統一が無い
 「新八」「新八っつぁん」て
・平助の泣き顔が可愛い
・左之、無双奥義(笑)
・左之、槍が弾丸みたいに人を貫いてるぜ
・左之、平助をも片手で持てるんかい


これ、
あとどれくらい続くんだろうなぁ…
三バカサイドに、
あとはトッシーと伊東先生、
鈴に一ちゃんとかが出てきてないしね

何年も続編待って、
油小路編があっと言う間に終わりなんてしたら………!
とにかく、
平助の最期をしっかり見届けたいんです
藤堂平助・幕末 | コメント:0 |

小話用ネタ

UVERworldの『ハルジオン』
これを初めて聞いたとき、
すぐ『ピスメ』ぱっつぁんを思い浮べました
ぱっつぁんに当てはめて聞くと、すごく切なく感じます

引っ越しの片付け中、
『明治十年』と書かれたラフ画を発見w(°0°)w
ぱっつぁんと一ちゃんが表紙
生き残った二人のその後みたいな感じ?
まぁ、
ワタクシのことなので、
最終的には平助に繋がるでしょう

こちらの話もチロチロアップしていく予定です
んで、
引っ越しして落ち着いたら、
この間の平助&総司、上の明治組の話を漫画にできたらいいなぁ
あわよくば、
簡単なFLASHで読めるようにしたいなぁ
藤堂平助・幕末 | コメント:0 |

ハッピーターン

和樹君のブログかわいすぎる!
あんなにギャップのある25歳って!
もう、
ワタクシも完全にハッピーターンのファンです(笑)




ある意味フェロメン
『PEACE MAKER』でフェロメン(諏訪部さん&鳥海さん)
なんとも異色な組み合わせでしょうか(笑)
鳥海さんが平助で歌うと、
『テニプリ』千石な歌になりそう

結構フェロメンな組み合わせがありますよね
『テニプリ』跡部&千石
『BLEACH』グリムジョー&ザエルアポロ
『幕末機関説いろはにほへと』不知火&神無
他にもありそうですねぇ



平助、
歌ってくれないかなぁ


テーマ:今日のイラスト - ジャンル:日記

藤堂平助・幕末 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。